収入証明書とは?

収入証明書とはカードローンを申し込むときに必要な所得を証明するものです。
ただし申し込むカードローンによって収入証明書が必要か異なりますので、まずは申し込むカードローンで必要かどうかを確認しましょう。
審査に必要な収入証明書の種類は給与支払明細書(直近2ヶ月分。ボーナスがある人は賞与明細書も必要)、支払調書、源泉徴収票、納税通知書、所得証明書、年金証書、年金通知書、確定申告書、青色申告決算書などで写しを提出します。

.収入のない専業主婦は収入証明書がいるのか?

専業主婦は自分に収入がないので、当然収入証明書を提出することができません。
それではどうすればいいのか?
自分に年収がなくても、夫の年収で審査してくれるカードローンを選べばよいのです。

専業主婦でも申し込めるカードローンとは

カードローンには、消費者金融が発行している消費者金融系カードローンと、金融機関が発行している銀行系カードローンがあります。
これらの大きな違いを説明します。
消費者金融は貸金業法の総量規制の適用対象であるため、年収の3分の1までが借入限度額となります。
銀行系カードローンは貸金業法ではなく銀行法となりますので、総量規制は適用されません。
だからといって必ず消費者金融系は所得証明書が必要で、銀行系は必要ないというわけではありません。

貸金業法による所得証明書の提出条件とは

  1. 貸金業者は、貸金業法によってキャッシングやローンの申込者から収入証明書の提出を求めることが法律上義務付けられている
  2. 提出が義務付けられているのは貸付金額が50万円を超える場合、もしくは自社残高と他社の貸金業者の貸付金額との合算で100万円を超える場合のみ

つまり消費者金融系のカードローンでも利用可能枠が50万円未満の限度額であれば提出の義務はないことになります。
ただし消費者金融系のカードローンは原則本人に収入があるのを基準にしている業者が多いので注意しましょう。

銀行系カードローンの収入証明書提出条件

銀行系のカードローンは各社さまざまな条件で収入証明書の提出を求めています。
「○○○万円以上の申し込みの場合は必要」などとよくあると思います。
つまりその金額を下回れば提出する必要はありません。
しかも100万円以上の場合からとしている金融機関が多く、申込みしやすいと思います。
専業主婦でも融資をOKしている銀行も多く、申込みには本人確認書類と配偶者の収入証明書が必要になりますので、事前に配偶者に了解を得て収入証明書を準備しておくのも最短で融資を受けるポイントです。
銀行によっては配偶者の収入証明書を不要としている銀行もあります。
まずは申込み方法をよく確認しましょう。

 

つまり申し込みのときに収入証明書が必要であるかどうかは、

  • 出限度額が50万円以下のキャッシングやカードローン商品である(銀行系、消費者金融系共通)
  • 貸出限度額が金融機関が決めてきる収入証明書不要の銀行系のカードローン商品を探す

まとめますと貸金業法の規制の対象となる貸金業者の場合は限度額が50万円以下(ただし本人の収入があるのを条件にしていない業者)、貸金業法の規制の対象にならない銀行系の場合は収入証明の提出不要のカードローンが借りやすいカードローンになります。