おまとめローンは借り換えは違うの?

複数から借入をしている方で返済日が複数あり管理が大変、毎月の返済額を少なくしたいなど思うようになってきた時、気になるのがテレビ等でよく聞くおまめローンや借り換えです。
よく聞くこの≪おまとめローン≫と≪借り換え≫の違いと言うのは複数の金融機関からの借り入れを一社にまとめてしまうのがおまとめローンそして一社の金融機関から借入してるのをより金利が低いなど良い条件の金融機関へ変更することを借り換えです。

 

複数借りてる場合はおまとめローンとなるのですが是非利用したいと思った時に気になるのが総量規制です。

 

総量規制とは一般的に融資額は収入の三分の一までと定められているのでこれが気になる方も多いはずですが、この総量規制にも対象外となるものがあります。
それが【顧客に一方的有利となる借換え】と言うものでおまとめローンがこれにあたるので借りることが可能です。
おまとめローンのメリットはなんと言っても支払額が少なくなり完済までの期間が短くなると言う事です。

 

さらに返済日が一件だけになるので管理もし易くなります。
デメリットは気を付けないと支払い金額が増え期間が長くなる可能性があると言う事です。
毎月の支払金額を低くしすぎたり借りる会社によっては保証料や事務手数料などが必要になってくるので結果以前より高くなってしまうので単純に金利が低いからと決めるのではなくきちんと計算することをお勧めします。
そして普通に借りるより審査が厳しいと言う事です。

 

やはり借入額が高額になり金利が低くとなると審査は厳しい事が多いです。
ご家族に内緒でなければ安定収入のある旦那さんに協力してもらい同意書や収入証明書等を用意できればより審査に通りやすくなります。