総量規制と総量規制対象外

総量規制とは貸金業者(消費者金融、クレジットカード会社など)への規制で、多重債務を防止するために、借り入れ金額は、年収の3分の1までと決められていることを言います。
この規制に当てはまるのは、個人が借りる場合のみで、ショッピングでの利用は対象にはなりません。

総量規制外の内容

専業主婦や無収入の方は、消費者金融などでは総量規制が適応されるため、お金を借りることができません。
ですが、銀行カードローンは総量規制対象外ですので、専業主婦で収入がない方でも安心してご利用頂けます。

総量規制の例外と除外

まず例外ですが、総量規制で言われている年収3分の1の借り入れが残高として残っていても、返済能力があることが認められれば、
例外規定ということで、さらに借り入れができるというものです。

 

よくあるのが、低金利のローンに借り換えることによって、毎月の返済額が減り、借り手の返済状況が良くなるなどの条件が認められたりした場合と、緊急で医療費が必要になった場合も、年収の3分の1を超えて例外によって借り入れが出来ることもあります。

 

除外は、総量規制対象外と言われる、車、住宅ローンなどのことです。
車や住宅は、高額の借り入れのため、キャッシングは出来ないと思われる方が多いようですが、キャッシング枠とは別ですので、キャッシングの利用は可能ということなんです。

専業主婦の借入と総量規制の関係

総量規制の対象となるのは、消費者金融、信販会社、クレジット会社からの借り入れです。
専業主婦の方や、収入のない方は、この3社でキャッシングは利用出来ません。
そのため、総量規制対象外の銀行カードローンであれば借り入れ可能です。
消費者金融などと比べても銀行カードローンは、低金利で借りられる場合が多いので、収入のない方でも安心して利用出来ます。
そして、利用する場合は必ず審査がありますが、配偶者の方に継続的に安定した収入があれば、配偶者の同意書がなくても利用可能という、専業主婦の方には都合がいい面もあります。