金利はどこをみる?

カードローンを利用しようと思ったとき、どのカードローンを利用しようか迷います。
そんな時は、自分の優先するべき条件をもとに低金利のところを選びましょう。
カードローンを利用する場合、多額の融資を目的としない事が多いです。
低金利といっても、どこを見て判断するかは難しいでしょう。
そんな時は、よく店頭に大きく表示してある下限金利よりも上限金利のほうに注目してください。
普通、ローンを借りようと思ったときに目を奪われるのは下限金利のほうになりがちですが、カードローンのように、用途が自由で無担保のローンを無条件で一番低い金利で融資してもらえるはずがありません。
下限金利が低くても、上限金利が高いところより、下限金利が多少高くても、上限金利が低いところのほうが、結果として、低い金利で融資を受けられるのです。
低い金利で融資を受けられるということは、融資額が多額になるほど、返済額が少なく済みます。
また、短期間で完済してしまいたいという人には、低金利もいいですが、無利息期間を設けている金融機関もありますので、そちらも合わせて参考にしたほうがいいでしょう。

 

カードローンには銀行系のカードローンと消費者金融のカードローンがありますが、銀行系のカードローンのほうが
金利が低めに設定してあります。消費者金融は即日融資など審査もあまく借りやすいですが、金利は高いです。
銀行系のカードローンは審査は多少厳しいですが、大手銀行が融資してくれるという安心感があります。
また、銀行系も消費者金融も提携のATMが多いところが狙い目です。
時間を気にせずに24時間取引ができるカードローンは利便性が違います。
取引にかかる手数料も条件の一つです。
手数料がかかると、せっかく低金利で融資をしても 返済額に影響が出てしまいます。
手数料は無料で出来るかも確認しましょう。

 

カードローンの審査には一定の収入があるのが条件です。
総量規制といって、年収の三分の一を超えてはいけないという規定があります。
それを考えると無職の人や専業主婦の人はそもそもの収入がないので、融資を受けることが出来ません。
しかし、銀行は貸金業法の総量規制は適応されず、銀行法のもと運営されているので、専業主婦の方は銀行系の融資を利用すればいいのです。
中には年収○○万円以上という明記がある銀行もありますが、配偶者収入で申し込める銀行カードローンや、
専業主婦を対象にした一般より限度額が低めに設定されているカードローンもあるので、よく探して自分に合った物を選びましょう。