これでバッチリ!専業主婦キャッシングの審査通過のテクニック

キャッシングの審査は申込者全員に行われるので、避けて通ることはできません。
審査に不安があっても、何を・どこを見られているのかのポイントを知れば対策ができます。

 

審査の内容はどの金融期間でも非公開。
しかし利用者の口コミや体験談によりある程度の基準がわかってきています。

キャッシングの審査内容

申込みした人の個人信用情報の確認と属性を確認します。

 

信用情報:氏名・住所・生年月日などの個人情報と他社での借入の有無・遅延や延滞・自己破産などの金融事故歴が記載
属性:勤務先・勤務年数・雇用形態・家族構成・どの様な家に住んでいるか(持ち家・賃貸、一戸建て・賃貸など)・電話(固定電話・携帯電話の有無)など

 

属性はアルバイトよりは正社員が、賃貸より持ち家が評価されます。
1項目だけ飛びぬけて良くても評価としては高くならず、総合評価となります。

最も重視するのは信用と返済能力

無担保・無保証人で借りられるキャッシングは貸しても必ず完済できるだけの返済能力を重要視します。

  • そもそもお金を貸しても大丈夫な人物か?
  • いくらなら貸しても完済してくれるのか?

全てキャッシング会社の審査部が判断して決定します。

審査対象は主婦と配偶者

無職の専業主婦は生活費をやりくりして返済しなければいけません。
生活費は配偶者の毎月の給与でまかなうことから、配偶者の年収や保険の種類(保険の種類で勤務形態が判断できるため)の申請が必要です。

 

このことから審査では申込み者(契約者)と共に旦那も審査対象となっていると判断できます。

キャッシング申込み前の対策

 

  • 申込みローン会社を選ぶ
  • 収入なしの専業主婦は貸金業法が定めた総量規制という法律により消費者金融には借入できる資格がありません。
    銀行カードローンはこの総量規制にはあたらない総量規制対象外となりますので、申込み資格があります。

     

    アコム・プロミス・モビット等の消費者金融に申込んでも審査には通りませんので、必ず銀行運営のカードローンに申込んで下さい。

     

  • 他社借り入れがある場合
  • 今回申込む前に他のローン会社での借入がある場合は、借入額を極力減らすか、完済できるものは完済、できたら解約しておくとベスト。
    「他でも借りている⇒すでに生活費の中から返済している⇒今回貸すとさらに返済額が増える⇒きちんと返してもらえるか…」となります。

他社で借りているローンは極力減らせるなら減らしておきましょう。
クレジットカード払いも該当します。

キャッシング申込み時の対策

 

  • 申請は正直に
  • 申し込み画面で入力した項目は個人情報に照らし合わせて確認します。
    他社借入件数・金額を少なく申告するなどの嘘の入力は、しらべればすぐにわかること。
    正確な申請が必要です。

  • 自宅の固定電話も申請する
  • 固定電話はその場所に住んでいることの証明にもなります。
    携帯電話のみでも構いませんが、審査では評価がもっとも低くなります。

     

    審査時の電話の評価:固定電話+携帯電話 > 固定電話のみ > 携帯電話のみ

     

    家電があるなら入力画面に登録して下さい。
    ※在席確認を携帯電話に掛けてもらいたい場合は、申込みが終了してから問い合わせ先に連絡、オペレーターにその旨を伝えると携帯にかけてもらえます。

  • 希望金額は少額に
  • ローン会社に申込む場面で借入希望金額を入力します。
    まだキャッシング会社との信頼関係も築けていない初回は、できるだけ少ない金額で申込みがベター。
    審査のハードルを下げられます。

審査の甘いキャッシングはない

審査が甘いやゆるいと謳っている業者は闇金の可能性が!
きちんとした金融機関が審査が甘いなどというはずがありません。

 

借りたことを後悔することのないように、言葉に惑わされていけません。

レディースローンの審査

女性専用のレディースローンの審査も通常のローンと同じです。
問い合わせ時に対応してするオペレーターが女性のみとなるだけで、審査基準が少し下がる可能性はありません。